格安スマホのおすすめはどうやって選んだらよいかというと、料金だけを見てはいけません。通信速度やパケットのシェア、アプリの使い放題など比較する要素は増えているので、その比較方法をご紹介します。

格安スマホのおすすめの選び方!

格安スマホへの乗り換え 解約金を払っても早い方がいい理由

■ 格安スマホにはいつ乗り換えるのがいい?

格安スマホのことは気になっているけれどもなかなか踏ん切りがつかないかもしれません。

スマホの乗り換えに限らず、今使っているものを別のものに変えるのって面倒ですよ、とにかく。

だから、現状維持でよしとしちゃいますよね。

だって、少々高いとわかっていても、お金を払えばそれで使い続けられるわけですので、直接困るわけじゃないんです。

だから、乗り換える面倒くささを乗り越えられないんですよね…

でもね、よーく考えてください。今スマホに月額いくら払っていますか?

大手の携帯電話会社だと、月々8,000円ほどになっていませんか?

それだけスマホを使っているでしょうか?

ちょっとネットでニュースを見て動画を見たり、SNSやって、LINEで連絡取って、飲み会や女子会のお店探したり…

それだけのことで8,000円って高くないですか?

格安スマホに乗り換えたら、端末代を除いて考えるとせいぜい1,000円〜2,000円あたりです。

スマホ代金はどれを選ぶかによって違いますが、それでもこの金額に1,000円〜2,000円、高級機種で4,000円ほどを上乗せする感じです。

だから、格安スマホにすることで、月々3,000円や4,000円なんてすぐに下がるんです。


■ 善は急げ!?

大手の携帯電話会社から格安スマホに乗り換えようとして、なんとか面倒くさい気持ちを振り切ったとします。

次に現れるのが、違約金や端末残債の壁です。

違約金とは、大手携帯電話の2年契約の自動更新(俗称2年しばり)のタイミング以外では、9,800円もの契約解除料が取られることです。

大手携帯電話会社は、「9,800円かかりますよ〜」と脅してくるのです(汗)

しかも、端末の残債が残っている人もいると、「解約後は端末残債が毎月○千円になりますが、よろしいですか?」と追い打ちをかけます。

そうすると、せっかく乗り換えようと思った気持ちもぐらつきます。

このとき、こう考えましょう。

・契約から6ヶ月以上経過しているなら、SIMフリー化するか、そのまま継続するか決めます。

概ね1年以上経過している人なら、SIMフリー化して解約し、端末をそのままに格安SIMに変更すると、残り期間を大手の携帯電話会社で契約するより総額で安くなります。

・契約解除料は、「手切れ金」と割り切り、数ヶ月で回収する

契約解除料の9,800円は決して安い額ではないのですが、格安スマホに替えたらグッと月額料金は下がります。

少なくとも3,000円、だいたい4,000円ほどは下がりますので、3ヶ月もすれば元が取れます。

そう割り切って、大手携帯電話会社と縁を切るための「手切れ金」と考えてしまう方法もあります。

納得できない場合は、更新月まで待つことになりますが、更新月までの月数とでそこまでの支払額と格安スマホの支払額を計算すると、答えがわかると思います。