格安スマホのおすすめはどうやって選んだらよいかというと、料金だけを見てはいけません。通信速度やパケットのシェア、アプリの使い放題など比較する要素は増えているので、その比較方法をご紹介します。

格安スマホのおすすめの選び方!

格安スマホの人気は? 中国のファーウエイのコスパが高い

■ スマホはiPhoneとアンドロイドの2強

スマホは2007年にiPhoneが発売され、今年でちょうど10周年です。

その10周年を祝う「iPhone X(アイフォーン・テン)」が発売されました。

iPhoneは今でもスマホの先頭を走り続け、新製品が出るたびに世界的に話題になるスマホの雄です。

しかも性能がよく使い勝手がいい端末です。使い方が統一・洗練されているので、迷いが少ないというのも大きなメリットです。

スマホは多くの機能を持つので、誰にとっても最初は戸惑いますが、

使い慣れてくるとiPhoneのよく考えられた操作性が当たり前になり、使いやすく感じます。

反対にアンドロイドは、iPhoneに比べて価格の安さが最大の魅力です。

スマホとしての機能は、性能や使い勝手でiPhoneに劣る部分もありますが、

世界中のメーカーが作っていることから、価格は安く、iPhoneの半額から安いものでは1/3程度の価格で利用できることができます。

他には、Windows Phoneなどもありますが、シェアでいうとiPhoneとアンドロイドに遠く及びません。


■ 安さで選ぶならアンドロイド

格安スマホはスマホの料金を安くできるところが魅力です。

多くの場合は月額料金が下がる、という点が魅力となりますが、端末価格も忘れてはなりません。

最近は、総務省から大手の携帯電話会社に対して、端末価格が実質ゼロ円といったキャンペーンをしないよう指導がされ、

その結果、大手の携帯電話会社の端末価格は上がることになりました。

月額料金を下げるように国は指導し、月額料金は安いプランが選べるようになりましたが、反対に端末価格は上がることになりました。

そのため、格安スマホに流れる人が増えていますが、最大の魅力は月額料金の安さと端末選択の自由度の高さです。

大手の携帯電話会社では、その会社専用のモデルを開発していましたが、今はSIMフリーという全世界で使えるモデルが主流です。

このSIMフリースマホで今売れっ子なのが、中国のファーウエイというメーカーです。

ファーウエイは、世界で最もスマホが売れている中国でシェア1位ですし、世界のシェアでも3位です。

世界シェアの1位はサムスン、2位がアップル、3位がファーウエイなのです。

そのくらい大躍進しているのがファーウエイです。

日本でもどんどんファーウエイのスマホが入ってきています。

各携帯電話会社取り扱っているモデルを見ると

P9
P9 lite
nova
nova lite
p10
p10 lite

など多数あります。

ファーウエイはスマホの背面に指紋認証装置を備えており、iPhone並みに簡単にロック解除できるのが魅力です。

名前にliteが付いているモデルは2万円ほどから買えますので、その点も魅力と言えます。